多肉植物バザール。2014年夏。

  – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
多肉植物ビッグバザールとは? 

I.S.I.J.(国際多肉植物協会)が主催する多肉植物の販売会。
会場は五反田にあるTOCビル内。
春、夏、秋と、冬の新年大会で年に4回行われています。

入場料金は ¥500- で一般人も入場可。
並んだ商品は見慣れた多肉植物から見たこともないような珍奇植物まで様々。
初心者からその筋のプロまで沢山の人で賑わうビッグイベントです。

数年前までは愛好家が集まるイメージでしたが、

近年、若い方の来場者数が著しく増えている模様。
多肉植物をはじめとした植物は今やブームとなりつつあるようです
ブームで終わらないといいのですが・・・。
 – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ちょっと寝坊して10時過ぎの到着。
既に人だかりが出来ていました。
 そりゃあそうです。いいものからすぐに売れて行くのがこのバザール。

とは言え、ぼくは今月出費が多くて雀の涙ほどの予算しかなかったので

安価でそれなりのものがあればちょこっと買おうかな。
ぐらいの意気込みだったです。

うーん・・・アロエ・エリナケア(Aloe erinacea)・・・
前から欲しかったんだよなあ。
アロエの中だと、ぼくが一番好きな原種かも。

うーん。

おおお、でかいオトンナだ・・・。
多分レトロルサ(Othonna retrorsa)。
ちっこいのは持ってるけど、ここまで大株だと生育期はすごいことになるんだろうなあ。
憧れのアボニア(Avonia quinaria)・・・
うーん・・・

一度は育ててみたいブーファン・ディスティチャ(Boophane disticha)、
しかもとびきりの特大株。
うううーん・・・
植物に興味を持ち始めた頃からずっと頭の片隅にある黒鬼城こと
オトンナ・ユーフォルビオイデス(Othonna euphorbioides)。

現物はいつ見てもゴツイ。
これと、あと万物想(Tylecodon reticulatus)なんかはいつか必ず手に入れたいと思っているコーデックス。
派手もの好きには垂涎もの。

うーん??

どうもこんにちは。

我が家にやってきたミラビレです。物欲には勝てないんです。
お金なんてあとから付いてくるさ・・・

他にわっさわっさと並ぶ多肉たち。

 
ミラビレで既にオーバーキルの状態だったぼくはアロエ3つ(ディスコイングシー群生、ビトー、スーパースノーホワイト)と、草花火(タリヌム・カリキヌム)をこっそり購入して去っていったのでした。
やっぱ魅力的な植物を目の当たりにすると金欠とか関係ないっスね。
こわいこわい、、
まあそんな頻繁にあることじゃないからいいんですけどね。
それにしても楽しかったなあ。
次回も是非行きたいなあ。
休み、とれるといいなあ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です