Billbergia ‘Cold Fusion’

Billbergia ‘Cold Fusion’
ビルベルギア・コールドフュージョン
vittata ‘Domingos Martins’ × leptopoda
ジム・アーヴィン(Jim Irvin)氏作出の交配種。
白いスポットのキレがよく、
小型に収まるのでビルベルギア交配種を育ててみたい人の最初の品種にモッテコイ。
姿は派手すぎず、味わい深さもあり、
素人、玄人問わず愛される逸品だと思います。
今のところ、うちには写真に映っている通り2株あります。
ちなみに左の株は去年の冬に開花済み。(写真撮り忘れた、、)

日に当てれば、スポットの輪郭部から赤味がかります。
トップ画像左のコールドフュージョンの株もとから子株が!
開花済みですが、今のところまだ親株も成長しているようです。
 秋口頃までにどれくらいの大きさまで育つかなー?楽しみ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です