Tillandsia kirschnekii

Tillandsia kirschnekii
ティランジア・キルシュネキー
ペルー原産。
大きさは3cmほどと小型で、青紫色の美しい花を咲かせる希少種。
 現地では標高600mあたりの木などに着生しています。
明るい光を好みますが、夏の直射日光は葉焼けしてしまうので、午前中日のあたる半日陰が安全です。
 
すらっと壷状に締まった姿は小型ティランジア好きにはたまんないです。

 

綺麗な状態で越冬させるなら冬期も10℃は欲しいところ。
とは言っても、通常の銀葉種系ティランジアが育つ環境であれば問題ありません。
 
我が家ではティランジアは個別に管理せず、同じ管理で全部育ってますから当面はこのままかな。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です