ティランジア・カクティコラ / Tillandsia cacticola

Tillandsia cacticola
 ティランジア・カクティコラ
 ペルー北部原産。
サボテンなどに着生するティランジア。
薄ピンク色のとても美しい花を咲かせることで有名。

多く普及している品種で、割と安価に手に入ります。
暑さにはあまり強くないので夏場暑くなりすぎないよう注意が必要です。
あと見た目と違い水好きなので頻繁な灌水をしてやるとよく育ちます。
2年程前に購入した株でかなり大きく育ったのですが、
強風で倒れ、手が滑って倒れ、葉が折れまくってます。
葉の出方に異変が起こり「花序があがってくる!」と思って、開花を楽しみにしていたのですが、伸びるにつれ普通にまた葉が展開してきました。
ティランジアは花茎から新たな株が出現する種のことをビビパラと呼びますが、カクティコラはビビパラの性質は持っていないはずなのでこれはちょっとおかしいなと思って調べたところ、たまーに起こる現象だそうな。
本来の意味とは違いますが、勝手にビビパラ現象と呼んでいます。
脇からわっさわっさと子株が吹いているのですが、この現象は遺伝するのでしょうか?
どんどん胴長になっていけば面白い草姿になりそうですね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です