ディッキア・アンヘリータ / Dyckia ‘Angelita’

Dyckia ‘Angelita’
ディッキア・アンヘリータ
小型の交配種ですが、交配内容は不明という謎のディッキア。
花がロゼットの中心から上がることから、エンコリリウム属とする説。
またはエンコリリウムとの交配ではないかという説。
1年で開花に至るほど成長が早いという点から、幼形成熟(ネオテニー)ではないかとされる説など色々。
外見は至ってシンプルなディッキアですが、小型に収まり成長も早いのでついつい可愛がってしまいます。
強光下では少しですが赤く色付きます。

2014.08.09
開花画像。花は典型的なディッキアの花。
黄色〜赤色の花が咲きますが、当種は黄色です。
2014.08.09
ディッキアの花は珍しいものではありませんが、
凶悪な姿とは裏腹に繊細で可愛らしい姿につい見惚れてしまいます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です