ホヘンベルギア・ヴェスティタ / Hohenbergia vestita


Hohenbergia vestita
ホヘンベルギア・ヴェスティタ(ウェスティタ)
ブラジル原産。
標高1600m付近で採取されたという情報有り。
ホヘンベルギアの中でも素晴らしいタンクを作ることで有名で、
人気種のレオポルドホルスティよりもこちらの方がまとまるのでぼくは好きです。
色味も強光に当ててやればもっと紫味を帯びます。
ラテン語だとvをヴとは読まないので、ウェスティタの方が正しいと思うのですが世間ではヴェスティタで通っているのでそっちが正解ということで。

育て方に関しては通常のタンクブロメリアと同じでタンクへの灌水と、
ホヘンベルギアは着生種ではなく地生種であることを頭に入れておけば問題ないでしょう。
あとは、冬場10℃あればタンクの水を抜いて越冬は出来ます。
多少葉は傷みますが、、
前回上げたときの方が色が良く出てますね。
真夏でも直射日光ガンガンで大丈夫な剛健種。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です