ビルベルギア・ラルフグラハムフレンチ / Billbergia ‘Ralph Graham French’

Billbergia ‘Ralph Graham French’
ビルベルギア・ラルフグラハムフレンチ
cultivar of vittata ということで、ビッタータの覆輪斑に園芸品種がついたもの。
斑入り種の中でもとりわけ人気な種ではないでしょうか。
斑入りにも関わらず強光下では赤黒く色付くところはさすがビッタータと言った感じ。
‘R.G. French’、’R.G.F’ など略称で呼ばれることも多いようです。

 
まだ日に焼ける前の子株を見れば、この株が綺麗に色付いていることがわかります。
斑の部分が綺麗に赤く染まり、それ以外は赤黒く染まっています。
ワックスバンドも入るのでこの一種だけでブロメリア特有の魅力を複数堪能出来ます。
通常のビッタータはそれなりに出回っているようですが、こちらはまだあまり出回っていません。
今後の普及に期待です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です