ラケナリア・グリーンクラウン / Lachenalia viridiflora ‘Green Crown’

Lachenalia viridiflora ‘Green Crown’
 ラケナリア・ヴィリディフローラ ‘グリーンクラウン’
南アフリカ原産の球根植物ラケナリアの一種。
その名の示す通り、緑色(翡翠色)の花が大変美しい。
園芸種名のグリーンクラウンというのは、基本種の Lachenalia viridiflora より出た花茎の頂部に花冠のようなクラウンが表れる選抜種 とのことで入手しましたが、web上で検索して出る画像ほどははっきりと特徴が出てはいない模様。

 
2014/10/1に球根の頭が少し土から見えるくらいに浅く植え付け、土が乾かないよう灌水していると3〜4日後に球根から芽が出ました。

その後も土の表面が乾き出す頃を見計らって灌水を繰り返し、12月中旬(12/17)に開花。
2球植え付けてどちらも同じ環境で順調に育ったのですが、ご覧の通り大きさがまったく異なって育ちました。3号鉢に植え付けたんですがちょっと鉢が小さかったかな・・・。
左の株に先に花が咲き、開花してから2週間が経ちます。
この写真でもわかりますが、右の株に比べると左の株の花は色が薄くなっています。
時間が経つと徐々に退色していくようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です