2015.04.05 奥多摩散策

奥多摩に遊びに出かけがてら、
丁度スミレが咲いている頃だな〜だと思い、周辺散策してきました。
奥多摩地方と言えば東京の中でも自然が豊富で、
都内在住の人には気軽にアウトドアが楽しめるスポット。
ぼくも毎年何度も足を運びますが、今回は日帰りでふらりと足を運びました。
 マス釣り場があったりキャンプ場があったり、渓谷があったりトレッキングが出来たり、目的別で意外と楽しめる奥多摩。
ぐるぐると新芽を出しているシダ。
画面中央右下部にスギナが確認出来ます。
Osmunda japonica
オスムンダ・ジャポニカ
和名:ゼンマイ
※情報提供:yanaさん
成長すると写真のような毛はなくなってしまうようです。
美しいですね〜植物の新芽はどれもほんとに美しくて見入ってしまいます。
 
Corydalis pallida var. tenuis
コリダリス・パルリダ var. テヌイス
和名:ミヤマキケマン
日本固有種のミヤマキケマン。
フウロケマン(Corydalis pallida)の変種。
 ミヤマと名前がついていますが、深い山に生息しているわけではないようです。
(ミヤマは深山と書く。)
ミヤマクワガタとかもこれですね。
滑り台のような不思議な形の花です。
全草に有毒成分のアルカロイドを含む有毒植物とのこと。
割と奥に進むのも大変な川沿いの山道。
Chrysosplenium album var. stamineum
クリソスプレニウム  アルブム var. スタミネウム
ハナネコノメ。
Chrysosplenium grayanum
クリソスプレニウム・グラヤヌム
和名:ツルネコノメ
※情報提供:yanaさん
ちょっと調べてヤマネコノメソウ(Chrysosplenium japonicum)かと思い込んでいましたが、ツルネコノメではないか。ということです。
見分けるの難しいな…。
川沿いにつたってみる
Viola grypoceras
ビオラ・グリポセラス(グリポケラス)
和名:タチツボスミレ
お目当てのスミレも発見。

 

Glechoma hederacea var. grandis

グレコマ・ヘデラケア変種グランデ
和名:カキドオシ
※情報提供:yanaさん

全国どこにでも生えるようですが、小さいながらも不思議な姿ですよね。
色もキレイ。

Conandron ramondioides

コナンドロン・ラモンディオイデス
和名:イワタバコ
※情報提供:ELさん

イワタバコの名は知っていましたが、これがその新芽なんですね。
シワシワで面白い。湿った岩壁に着生していました。

時期を見計らってまた来れば、花が拝めそうです。
花も面白いようなので是非見てみたい。

千里の道も一歩からというし、こうして少しずつちゃんと自分の目で見て調べて植物のことを持って知っていきたい。
いつか自分に子供が出来たら「これは食べられる植物なんだよ」とか「これは毒がある」とか「何月に綺麗な花をつけるんだよ」とか教えてあげられたらいいですよね。
ぼくは小さい頃からよく親父にキャンプや夜釣り、潮干狩りなんかに連れ回されました。
細かい説明なんて親父はしませんでしたが、当時は迷惑だったあの誘いも、今では感謝すべき経験だったと思う今日このごろです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です