植物の学名の話 第1話「学名ってどんなもの?」

 

植物に限らず、生物には正式な名称である学名(scientific name)があります。

「学名」なんて言うと何やら難しそうな響きですが、覚えてしまえばその大枠の仕組みは意外とわかりやすくできています。

学名は、生物を学問として取り扱うために万国共通の言語として機能することを前提としていることを念頭に置いておきましょう。

私を含め、趣味で植物で付き合う人にとっても学名を知ることは「植物と付き合うことがよりいっそう楽しくなる。」ので、ぜひここで少しでも理解を深めていただければと思います。

 

第1話「学名ってどんなもの?」では、学名の大枠の捉え方について触れていきます。
尚、この話に出てくる“学名”とは植物の学名を指し、動物や細菌(あるいは鉱物など)の学名のつくりとは異なることをご承知おきください。

 


・普通名と学名の違い

レンゲという植物があります。

この植物は地方によってゲンゲとも、レンゲソウとも呼ばれますが、どちらも日本国内のみで通じる名称で、言わば通俗的な名称です。これを普通名(Common name)と言います。
「普通名」は通俗的な名称の総称ですから、日本で使われているものは和名(わめい)と言います。中国で使われる名称なら漢名(かんめい)、イギリスで使われる名称なら英名(えいめい)と、各国でそれぞれの呼び名があります。

このレンゲは中国原産の帰化植物ですが、私が幼少期の時分には春になると自宅周辺の水田に広がるレンゲ畑を駆け回っていた記憶が残っていて、大変馴染みのある植物です。今でこそレンゲ畑は少なくなってしまいましたが、マメ科であるレンゲの根は根粒菌という生物と共生し、土を肥やすことができる窒素固定を行うため、緑肥として植えられていたのです。

さて、上述したようにこのレンゲという名称は和名なので国外では通用しません。
例えば、中国では黄耆属(huang qi shu)という漢名があり日本では馴染みがなく、通用しません。
英国では チャイニーズミルクヴェッチ(Chinese milk vetch) という英名がありますが、これも聞き慣れない名称ですね。

普通名は学名ではなく、言わば友人(=同国人)間で通じるニックネームのようなものだと考えて差し支えありません。
ヤスイさんをヤッスーと呼んだり、シマダくんをシマちゃんと呼んだりするのは、友達の輪の中ではそれで通じる通俗名ですよね。

でも、本名は違います。
ヤッスーは安井蜜子(やすいみつこ)、シマちゃんは島田蜜夫(しまだみつお)といった戸籍上の氏名があります。

じゃあ、レンゲの本当の名前(=学名)は?

 

 


Curtis’s Botanical Magazine, t. 1329-1373, vol. 33: t. 1350 (1811) [S.T. Edwards]
http://plantillustrations.org/illustration.php?id_illustration=8361

 

Astragalus sinicus L.(アストラガルス・シニクス)

 

「誰だお前」という感じですが、これがレンゲの正式な名称です。
この正式な名称のことを学名と言います。学名は万国共通の名称です。

学名はラテン語で表記されます。見慣れたアルファベットが並んでいますが英語ではありません。
学名は、主に属名(ぞくめい)種小名(しゅしょうめい)という2つの語で列記し、その後ろに命名者を付記します。

このすべての生物名を単一の単語で属名と種小名をあらわす方法を2名法(Binomial name 2語名法,2命名法とも)と言います。

この2名法は18世紀の分類学者カール・フォン・リンネ(Carl von Linné)が採用したことが発端となり、現在に至るまで使用されています。リンネはすべての生物に2名法を用いて自然物を体系的に分類することを試みた“近代分類学の父”と呼ばれる人物ですが、リンネの話をすると止まらなくなってしまうので今はここで止めておきます。

 


Carl von Linné(1707-1778)

 

では実際にこのレンゲ Astragalus sinicus L. の学名を使って学名の持つ意味を探ってみましょう。

 


1.属名(generic name)

まずは属名から紐解いていきます。
属名をわかりやすいものに例えると、わたしたちのもつ名字です。

せっかくなので、先に出したヤッスーこと安井蜜子さんを例にとります。
彼女の名字は、安井です。そりゃそうだ。

じゃあこの安井というものが何を指しているのか?
シンプルに答えると、「安井家に属する人である。」ということが言えます。
安井家という家系に生まれた、もしくは安井家に嫁いだことで現在は安井を名乗れるようになっています。

日本に於いては、一般人が名字を名乗れるようになったのは明治3年に「平民苗字許可令」が発令とされたことを嚆矢としますが、このときはマイナンバーが交付されることになった現代の私たちのように政府への猜疑心を持つ者も少なくなく、明治8年に「平民苗字必称義務令」により強制されるまでは名字は一般的ではありませんでした。

つまりこのタイミングがわたしたち日本人全員が体系的な名称を得る機会となりました。
あたかも植物や動物などの自然物を体系的に捉えるために、上述したカール・フォン・リンネが2名法を用いたことに類似する出来事だったと言えるのではないでしょうか。

 

では、レンゲの名字(=属名)である、アストラガルス Astragalus はどういう意味でしょうか。

まずはこの見慣れないアストラガルス Astragalus という語は、ギリシャ語の strogalus = 距骨(足首の骨の一部) が語源とされますが、そのまま「レンゲ(ゲンゲ)属」という意味です。

さて、Astragalus は日本語では「レンゲ属」です。言い方を変えれば「レンゲの仲間」です。
言わば「安井家」です。これで「安井家の中の誰か」まではわかりました。

では、次はその下位の種小名シニクス sinicus についてみていきましょう。

 


2.種小名(specific name)

レンゲの種小名はシニクス sinicus です。
種小名は原則として、属名を修飾するものです。逆に言うと、属名は種小名を支配するものと言えます。

つまり、「○○○のレンゲ属」、「レンゲ属の中の○○○」というように、どのようなレンゲなのかを説明するのが種小名の役割です。

sinicus とは、ラテン語で「中国の」という意味です。
つまり、レンゲ Astragalus sinicus の学名は「中国(原産)のレンゲ」という意味が含まれていることが推測できます。

これでヤッスーが安井家の中に属している蜜子さんであることが説明できました。

 


3.命名者表記(author)

さて、お次は命名者表記について迫っていきましょう。

Astragalus sinicus L. の、「L.」の部分です。
掲題の通り、誰がその植物の名称を記載(発表)したか?を記したものです。

この L. は先ほどから名前が上がっているカール・フォン・リンネ(Carl von Linné)の略記です。

「命名者略記を1文字で表したんじゃ誰が誰だかわからなくなるよ!」なんて心配はいりません。
1文字での命名者略記が許されているのはリンネだけです。
唯一神的な凄みがありますね。それだけリンネは特別扱いなのです。

ただ、この命名者表記は園芸店で見かける植物のラベルでは省かれている場合が殆どです。
実際、趣味で植物を楽しまれる方で命名者まで気にかける方はあまりいないでしょう。

しつこいようですが、またヤッスーこと安井蜜子さんを引き合いに出すと、「蜜子」という名前をつけたのは父なのか母なのか、祖父なのか祖母なのか?それにあたるのがこの命名者表記です。
そう言うと、確かにさほど重要ではなさそうです。
戸籍上、誰が「蜜子」という名を与えたか明記されていないですから。

そういうわけで、ふつう、命名者表記というのは覚える必要はないかもしれません。
ですが、この命名者に関しても調べていくとドラマがあったりするので無下にはできませんよ。
命名者表記はその学名を提唱した研究者の名前ですから、学名の変遷を知るための重要な資料になるものなのです。

 


 

このように、植物の学名の基本形は 属名+種小名(+命名者)の順で列記されているのがおわかりいただけたでしょうか。
冒頭に書いた「何やら難しそう」な学名という存在が「無味乾燥で不可解な暗号のようなもの」から「親しみを覚えるもの」へ少しでも傾いていただければと思います。

 

せっかくなので、もうひとつ例を出してみましょう。

 


e.g.)秋の味覚の代表格であるマツタケと共生関係にあるアカマツの場合


京都大学理学部植物学教室所蔵 『Flora Japonica』[407/447]
https://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/b01/image/02/b01s0405.html

・アカマツ Pinus densiflora Sieb. & Zucc.(ピヌス・デンシフローラ)

属名である Pinus は、「マツ属の」という意味です。ケルト語のpinpip(山)に由来するラテン語名が語源とされています。確かに、マツの仲間は山のような風貌に葉を広げますもんね。
和名がアカマツなのは、文字通り樹幹が赤いためです。

では種小名の densiflora の意味はなんでしょうか?

desnsiflora は2つの語から成っていて、学名には2つの語を結合させてつくられる造語が頻出します。
意味はラテン語で 「dense = 密に,密集」 + 「flora = 花」 となり、「密集する花」という意味になります。

これを属名の Pinus を修飾してやれば、「密集する花をつけるマツ」となります。
マツの仲間は裸子植物のため見た目こそ派手な花はつけませんが、アカマツの花の画像を検索してみてみると確かに密集した花をつけることがわかります。

命名者は Sieb. & Zucc. となっています。
これは(おそらく)日本に於いて植物学者の中でもっとも知られているであろう、シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)と、その共著者であるツッカリーニ(Joseph Gerhard Zuccarini)の略記です。

最後に命名者表記には複数名の名前が載ることもあるという例がでましたね。

 


・まとめ

ほんの触りの部分ですが、学名の大枠の捉え方がわかっていただけたでしょうか。

「植物にはぜんぶ学名というのがあって、それは属名と種小名と命名者名であらわされているんだな」という漠然とした捉え方が掴めただけでも、最初はなんとなくわかった気になれるものです。

植物のことを調べていくと、植物の知識に付随して歴史の話、語学の話、気象、地質、自然史、博物誌など、様々な知識と出会うことになります。そして、知りえなかった人と会う機会にもめぐまれます。
それが牧野富太郎博士の言う、「草木に愛を持てば人間愛を養うことができる」ということの一部だと私は思っています。

次回はより実用的な学名の話をしていきます。


【 参考文献 】
豊国秀夫(2009)『植物学ラテン語辞典』ぎょうせい
牧野富太郎, 清水藤太郎(1935)『植物学名辞典』春陽堂
勝本 謙(1996)『菌学ラテン語と命名法』日本菌学会関東支部
田中秀央(1972)『羅和辞典』研究者辞書部
平嶋義宏(2003)『生物学名概論』東京大学出版会
千葉県立中央博物館編(2008)『リンネと博物学-自然誌科学の源流 (増補改訂)』文一総合出版
wikipedia「平民苗字必称義務令」:goo.gl/tTtHWF

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です