カテゴリー: 園芸日誌

失敗から学ぶ 5

失敗から学ぶ 5

Baikiaea plurijugaバイキアエア・プルリユガ まったく持ってお手上げ状態の苗。今年の8月に入手しましたが、我が家に来てからというもの、葉の周りが変色していく一方。 ジンバブエ共和国が原産のマメ科の一種とのことです。 節から新たな生命の息吹を感じますが、いかんせん原因が判明しないので非...

Angraecum curnowianum

Angraecum curnowianum

Angraecum curnowianum  アングレカム・クルノウィアナム  先日、千葉県市川市の須和田農園に伺った際に一目惚れして買った株。 マダガスカル島の固有種とのことです。 らんにはまったく疎いのですが、花の幅3cmあるかないかの極小型種。 下に細長く伸びたリップは株そ...

Cryptanthus ‘Frostbite’ 発根管理中。

Cryptanthus ‘Frostbite’ 発根管理中。

去年の冬に室内温室内でクリプタンサス・フロストバイト(Cryptanthus ‘Frostbite’)が開花して、その後ニョキニョキと子が出てたものを取り外して発根管理中です。 割と放置してたのですがこのクリプタンサス強いですね。水大好きなクセして、2週間近く水をやらなくても...

失敗から学ぶ 4

Vriesea chontalensis フリーセア・コンタレンシス(チョンタレンシス) ご覧の通りバラバラ死体が出来上がりました。 株元が腐り、力なくバラバラと分解していくサマは寿命が縮まるのを感じるほど衝撃的です。 ティランジア栽培経験者には、通過儀礼のようなものかもしれません。 ぼくも過去にテ...

失敗から学ぶ 3

失敗から学ぶ 3

Aloe ecklonis アロエ・エクロニス web上で探してもあまり国内では情報が出てこない当種。 夏場導入したものの、まったく成長せず、むしろ下葉から枯れていきどうしたらいいのかわからなくなりました。もしかすると、気温が高すぎると動かない種なのでは? とも思いましたが、栽培1年目では何とも言え...

失敗から学ぶ 2

失敗から学ぶ 2

Pepinia punicea ペピニア・プニケア ブロメリアの中でもマニア好みなペピニア属の1種。 国内の栽培家から譲り受けた株で環境ががらっと変わったのが原因か、葉先が続々と枯れてしまいまいました。 それに気付いて灌水の数を増やすことで、新葉はまだ綺麗に保たれているようです。 どうやら結構な水好...

失敗から学ぶ 1

失敗から学ぶ 1

さて、写真をご覧下さい。 Dyckia ‘Sun Bear’ の亡骸です。 ディッキアの発根に失敗した例。 芯が腐り、成長点がスポッと抜けてしまう現象はトラウマもの。 例え発根した株であっても、油断は出来ないと勉強させられました。 今回はいまいちうまく育てられていない植物につ...

mitsugen house ができました。

mitsugen house ができました。

mitsugenの温室が完成しました。 ところどころ目分量でパイプをカットした箇所があってガタガタなんですが、まあ、ハンドメイド感あってヨシ!ということにしておきましょう。 などなど言いつつ、まだ換気扇の取り付けと側面の巻き上げビニールを貼っていないので厳密には完成とは言えないんですが。 ひとまず、...

ブロメリア着生種の植え付け方(水苔編)

ブロメリア着生種の植え付け方(水苔編)

– ブロメリアの植え付け方(水苔編) – ブロメリアの植え付けは、育成者によって用土や鉢で趣味が分かれます。 今回は着生種を栽培する上でもっとも最良と言われる水苔+素焼き鉢での植え付けを紹介します。 この方法はベアルートの植え付け、植え替え、株分け共通です。 使うブロメリアは...

Dyckia ‘Ice’ があまりにもきれいだったので。

Dyckia ‘Ice’ があまりにもきれいだったので。

Dyckia ‘Ice’ があまりにもきれいだったので。 今年の異常ゲリラ豪雨にさらされてもトリコームがはがれない不思議。 実物は真っ白です。(白が飛ぶので明るさ抑えて撮ってます。) これ以上白いディッキアはないんじゃないだろうか。